新潟銘菓 河川蒸気|シルシルミシルで1位 新潟のお菓子 河川蒸気

累計2100万個!新潟銘菓「河川蒸気」

新潟銘菓 河川蒸気|シルシルミシルで1位 新潟のお菓子 河川蒸気

【新潟銘菓 河川蒸気の受賞歴】 第25回全国菓子大博覧会 会長賞受賞 テレビ朝日シルシルミシルさんデー「全日本隠されたお土産お菓子」でグランプリ

新潟銘菓 河川蒸気|シルシルミシルで1位 新潟のお菓子 河川蒸気

【新潟銘菓 河川蒸気の販売実績】 発売30年で累計2100万個売れているお菓子です。 年間71万個売れています。
 

新潟銘菓 河川蒸気|シルシルミシルで1位 新潟のお菓子 河川蒸気

新潟のお菓子「河川蒸気」はどんなお菓子?

 

新潟銘菓 河川蒸気|シルシルミシルで1位 新潟のお菓子 河川蒸気

■ 新潟のお土産として有名な「河川蒸気」は、蒸しカステラで小豆クリームをくるんだお菓子です。蒸しカステラには、貴重な「幻の黒糖(沖縄宮古島産)」を使用しています。また、小豆クリームの小豆には、「国産最高級小豆(岡山備中産)」を使用し、特性和風クリームと混ぜ合わせて、他にはない、独特の食感と味を作り上げています。

 

■ 新潟銘菓として全国に知られる「河川蒸気」ですが、この名前の由来をお話しします。越後平野では、明治から昭和初期にかけて、蒸気船が唯一の交通機関でした。越後平野を流れる信濃川や阿賀野川では、あちらこちらで蒸気船が大活躍していたのです。その後、鉄道・道路の発達により、蒸気船の姿は消えていったのですが、「河川蒸気」は、新潟をずっと支えてくれたこの蒸気船への想いから名付けられたものです。船とお菓子ということで、本来、まったく関係ないのですが、「せめて名前だけでも残したい」ということなのでしょう。ちょっと感動的な話ですね。

 

新潟銘菓 河川蒸気|シルシルミシルで1位 新潟のお菓子 河川蒸気

新潟菓子工房 菜菓亭について

 

新潟銘菓 河川蒸気|シルシルミシルで1位 新潟のお菓子 河川蒸気

■「河川蒸気」を製造・販売している会社「新潟菓子工房 菜菓亭」についてお話しします。ここは、1970年いえい洋菓子店として創業しました。その後、1982年に会社組織と也、株式会社いえいとして、今日まで続いています。

 

社業は順調に発展し、1987年「菜菓亭」1号店オープンしました。店舗は増え続け、現在は和洋菓子専門店として、新発田に2店舗、豊栄に2店舗、新潟に5店舗、村上・豊浦・水原・新津・白根・三条・見附・長岡に各1店舗を構えるまでになりました。さらに、新潟駅ビル CoCoLo本館にて「河川蒸気本舗」を営業しています。

 

■「新潟菓子工房 菜菓亭」では、河川蒸気の他に、下記のお菓子を販売しています。

 

大福
餅菓子
洋菓子

 

焼菓子
和菓子
式菓子

 

一升餅
銘菓詰合せ(菜菓撰)

 

(※)「河川蒸気」以外のお菓子は、こちらをどうぞ。
【新潟菓子工房 菜華亭】

 

 
(PR)パリ 夜行列車 イタリア 列車 予約 フランス TGV 予約 欧州鉄道旅行 熊本 馬刺し お取り寄せ